まちのぞむログ

ごはんづくりのモチベーションのために

キッチンに立つのは好きですが、平日帰ってきてからご飯を作るのがめんどうだなーーと思う日もたくさんあります。作り始めたらたいていは大丈夫なのですが、やる気が長期で家出することもあるので、どうにか予防できないかなーと思ってはじめたのが料理の写真を撮ることです。

ただ写真に撮ってもSDカードに埋もれてしまうので、クックパッドスマホアプリ「お料理アルバム」にアップロードしてみたら、これがなかなか快適でした。

 


f:id:machimmmm:20190707183059j:image  f:id:machimmmm:20190707183144j:image

自分にどんな料理が作れたか、どんな組み合わせの献立を立てていたか、過去の分もカレンダーでぱっと見られます。去年の今頃どんなごはんを作っていたか、先週はお肉とお魚どっちが多かったか、などなど、写真を見れば思い出せます。

機能としては至って単純なのですが、意外と似たアルバムアプリがないのですよね。日付の入った状態で写真をスクロールできて、写真の枚数と、アップ日のカウントがあって、修正やフィルタもあります。

クックパッド本体のアプリは使っていないのですが、アップした写真からレシピ投稿したりとかもできるみたいですね。SNSではないので他の人のアルバムは見られませんが、同じIDでログインすれば共有もできるので機種変しても大丈夫。

夫も「いただきます」の前に写真を撮ることにすっかりなれていて、私がスマホを遠くに置いていると取ってきてくれたり、自分のスマホで写真を撮って送ってくれたりします。

この「何日間つくっていて」「何品つくっている」というのが数字で表れるのが達成感があっていいのです。私は食卓まとめて写真を撮っているので、厳密に言うと品数ではなくて朝・昼・夜ごはんの回数、ですけど・・・

過去の自分の作ったものなんて案外覚えていないので、つつつーとスクロールしていくと思わぬ発見があったりします。今後のためにと試してみたレシピのようやく2回目とか、この時期こればっかり食べてるなんでだろ?とか。

うつわの組み合わせの写真でもあるので、もうさよならしてしまったお皿や割ってしまったカップなど見るとちょっとうれしい気持ちになりますし、うまくできたごはんの写真はやっぱりちょっと目立って見えます。

とにかく忘れっぽい私には、写真に撮る、は絶大な効果でした。

 

あとはもう台所道具に凝るしかなかったです。最初のころは写真もそんなになくて、数字がいかないとテンション上がらないので、「この鍋で○○をつくる!」とか「このお皿に○○○をのせたい」とかいうビジュアル方面の好みを追求する!この美しい皿に載せられるまともな料理!!

ほぼなんにもなかったので買い揃えないといけないこともあって、とにかくリサーチしまくってなるべく愛せる道具と食器を買いました。あの頃の自分に言いたい、リニューアル前の無水鍋を買っておいて大正解だったと。

結婚して同居家族の人数が減ったからか、生活の上でのモノの情報量の割合が増えてきていて、妙にこだわってしまっているのです。たぶんこれが行き過ぎるとよくないのだけど、今はブログに書いてみたいこともあるし、今日も食器棚を眺めながら、今夜のごはんを考えるとします。

西荻窪「雑貨食堂六貨」さんに行ってきた

f:id:machimmmm:20190611130221j:image
6月頭に西荻窪に行く用事ができたので、キッチンツールの小さなお店「雑貨食堂六貨」さんにいってきました。

たぶん以前にも通りがかって入ったことはあったと思うんですが、まだ台所沼に落ちる前だったのであんなコンパクトなのに破壊力のある素敵なお店とわからず……

オリジナルのお店のてぬぐいがかかっていて、とってもかわいいショーウィンドウです。

 

偶然チャサンポーなるイベントを西荻窪全体でやっていて、行く先々でお茶をいただきながら、雑貨店やギャラリーをはしごしました。

雑貨店は紙も布もアクセサリーも小物も本当に色々あって、器もお洋服もあって、荻窪~吉祥寺間はすごいところです。中央線にはあんまり行くことがないので、そのまま吉祥寺のfree designさんにもお伺いして、ツルッとお買い上げしてしまいました。

 

f:id:machimmmm:20190611130622j:image  f:id:machimmmm:20190611130815j:image

六貨さんのお店は、ウィンドウ越しに全部見えているくらいの広さの小さなお店なのですが、そのなかにぎゅっとおすすめの道具たちが並んでいて、とっても見応えがあります。

ちょっとしゃれていて、でも機能美で、使いやすくて、価格的にも手に取りやすいものが厳選されて置いてあり、自宅で使っているものと同じものがあると、ちょっと嬉しくなってしまいました。日本の毎日の台所に必要で、そしてどれも間違いがないという太鼓判がおされているのです。

陳列の仕方もおしゃれで、ありふれた保存容器だってなんだか「こう見えてもなかなかのものなんですよ」ってお澄まし顔しているような。WEBを拝見していると、季節の料理道具の入荷もたくさんあって、棚替えもひんぱんにしてらっしゃるようなので、もっと気軽にふらっと見に行きたいなー。

手書きのコメントつきの値札がていねいで、これがおすすめされている理由はなんだろう?と、全部読みたくなってしまうのです。

 

f:id:machimmmm:20190611130737j:image  f:id:machimmmm:20190611130753j:image

木材ちがいのお箸やトレイ、すてきな御店主のオリジナルペイントのホーロー容器や茶筒もあって、チャサンポーの限定柄がとってもかわいかった!

ブランドやメーカーを前面に出すのではなく、あくまで機能でラインナップしてあって、じっくり眺めて、キッチンがもっと便利にすてきになるようなものをなにか連れて帰りたくなるようなお店でした。またいくぞーー。今度は1時間くらい居たい。

 

rocca2405.thebase.in

家事分担と掃除の不思議

大人のふたり暮らしで、平日日中は不在で、土日はだいたい家でのんびりしていて、広くもないけど狭くもない60平米の2LDKマンション。

この暮らしの掃除の適正頻度はどの程度なのでしょうか。
世間一般的には、どれくらいであれば「清潔を保てている」と思われるのか、実家を出てからずっと考えています。


我が家のお掃除スケジュールの現状は

・スティックタイプ掃除機を毎週末に1回全部

・週中の夜に1回LDKと気になるところを掃除機orルンバ走行

のみです。
もらいもののルンバが10年前の型のおばかさんで見守り必須のため、いまいち有効活用できてない感が否めませんが、平日夜帰ってきてからひとりで掃除するにはこれが限界で…フローリングの床の家に住むのは初めてなのですが、 髪の毛やほこりがこんなにわかりやすいとは驚きました。
トイレ掃除も週1回で、夫は「2週に1回でいいんじゃ?」というので危機感を覚え、ほとんど私が担当しています。お風呂はあがったあとと入る前に流すくらいで、洗面台とかはお化粧や洗顔でコットンを使ったときに、いっしょにこまごましたりしてなんとなくやっています。


うーん、こうして書きだしてみると少ない… でも1週間があっという間なのです。見たいテレビも本も漫画もあるし、時間が足りない!もっと遊びたい!

夫婦ふたり暮らしを始める前に、 新居でちょっとずつひとり暮らしをしたのですが、 その時から考えると人数が倍になっただけなのに汚れる速度は2倍以上で、しかも掃除に割ける時間の関係上、掃除頻度はあまり変わらなくて、もやもやしますね。

ところで結婚前のトライアルひとり暮らしはとってもおすすめです。
同じ家で同じ調理器具や生活家電を使っていても、暮らす上で私と夫で違う部分がはっきりわかって、家庭内ルール制定と家事分担がスムーズに進みました。

 

その家事の分担はこちら。

私:夜の調理、食材と日用品の買い出し・保守、掃除機以外の掃除、洗濯機
夫:朝の調理、朝晩の食器洗いと生ごみの管理、掃除機、洗濯機とアイロン

朝は私のほうが出社時間が早いため、朝ごはん関係はまるっとお願いしています。前の晩のお米が残っていればお米とおつゆセット、なければパンかグラノーラか、で調理らしい調理はほとんどしません。
けれど、夫が主体的に料理に関わることができるので、今後のためにもお願いできてとても良かった!実家でずっと「出されたものを食べる」生活をしていた人なので、 自分で冷蔵庫の中身を把握しようとしたり、何を食べたいか考えたりするところから始めてもらって、彼が定年になってもきっと私はまだ働いてるわけだし、ゆくゆくは夫にも毎日無理のない献立を立ててごはんを作れるようになっていただきたいと思います。

私はだいたい定時退社で夫は残業マンなので、ほかの分担は納得レベルかむしろ夫はやってくれているほうかと思います。

帰宅した私は、朝の食器の片づけやら軽い下ごしらえやらをまずやって、そこから夫の帰宅連絡が来るまでが自由時間です。 連絡がきたら作り始めて夫の帰宅時間に合わせて夜ごはん。実家にいたころから料理は割とやっていて好きなほうなので、食器とキッチンツールの沼にはまってよかったな~としみじみします。やらなきゃいけないことならなるべく楽しんでやりたい。

洗濯物は乾燥機能付の洗濯機を買ったのでほぼ負担なしで、各自が各自の服の面倒をみているかんじです。家電の力を借りるのは素晴らしいのでいつか食洗機も導入したいものです。

買い物関係も一手に引き受けてポイントも貯まるし、日用品のストック予定をたてたり比較検討したりは好きなので楽しい暮らしです。

f:id:machimmmm:20190616203203j:plain  さて、今後この暮らし方はどう変わっていくのでしょうか。。

白い食器と食器棚のルール

「料理が映える」「合わせやすい」「うつわは迷ったら白」と言われている白い食器ですが、 私にとっては買うときちょっとハードルが高い食器です。
もちろん、白い食器はもっていますし、毎日使っているのですが、とにかく新しいものを買うときが難しい。

なぜなら、 白の色味が違うお皿たちを同じテーブルに乗せると、違いが気になって気になって仕方がないという病気にかかっているからです。
さらに言うと白に限らず、暖色寒色、色のトーンの混交具合も気になってしまって、食器が楽しいなーと思い始めてからはさらに病状が進行していまい 、結構困っています。


実家を出て夫と暮らし始め、さあそろそろまともに食器を買わなければとなった時の第一歩が、思えばすべてのはじまりでした。
大好きな先輩から結婚祝いに食器をいただいたのですが、それが北欧食器だったのです。


当時はよくわかっていなかったのですが、先輩のおすすめ映画は「 かもめ食堂」だったし(見たことがなかった…)、そういえばキャラものはムーミンがお好きだった。

つまりそういうことだったので、まだまったく食器のブランドや窯のことなど知らなかった我が家に、アラビアavec24hとブラックパラティッシがいきなりやってきたのでした。ありがたいことです。。。


先輩はとっても優しくて、気がきいて、旦那さんの転勤で退職してしまったのに折々連絡もくださる素敵な人です。
結婚という選択肢の優先順位が高くなかった私の人生において「 結婚はまあ…」を「結婚しても楽しいかもしれない」 にひっくり返し、 夫とのおつきあいのアレコレを導いてくださった、 夫婦生活の女神さまです。
そんな先輩にあやかって、自分の好みを反映しつつ、いただいた食器に合うように、とリサーチを重ね食器棚を埋めていったところ、 大半がアラビアの白、つまり黄みの白になっていました。
そしてある日、それと違う白が浮いているのではないか? とふと気がついてしまったのでした。


日本の食器の白は、純白、 グレーみの白もしくは青みの白が多いのですよね。 特に磁器はほんと青い。
陶器はまだ土の色、黄みの白があるけれど、 我が家は今後に備えて電子レンジ不可・食洗器不可をなるべく避けていたため、ほとんどが磁器。
100円ショップの小皿も真っ白の白だしかっぱ橋で買った小鉢も青み白、 白山陶器の長焼皿は柄が藍色だからさらに青くみえます…
青み白、すてきなのに。
もちろん「違う白」でも素敵な食卓はきっとあるし、組み合わせ次第でなじませることもできるのでしょう。 しかしその技量のない私はおとなしく「違う白」 を混ぜないように、献立と食器の組み合わせを考える日々なのでした。

f:id:machimmmm:20190616202136j:plain



二子玉川「monsen」さんに行ってきた

今度久しぶりに会う友人が結婚するというので、ささやかなプレゼントを探しに二子玉川に行ってきました。

何年か前にイベント目当てで降りたことはありますが、春の陽気かつ祝日の二子玉川はすごかった……人出がはんぱないです。そして街も人もなんかおしゃれ。暮らしに余裕のあるかんじがする。

 

春めく高島屋のショーウィンドウを通り過ぎ、まず向かったのはこちら。

f:id:machimmmm:20190324161339j:image f:id:machimmmm:20190324161347j:image

 monsen さん、ずっと行きたくて…感無量でした。

棚になくてもネットショップの在庫があれば出してもらえるという素敵なサービスに今気づいて後悔してます……

 

ワンルームにずらっと並ぶ選び抜かれたうつわの数々。ここにあるものなら間違いないという安心感、組み合わせとチョイスの妙を堪能してきました。

ネットで情報を日々あさっていたので、なんとなく、窯と作家さんがわかりました。実物を見てみたかったsenのフレームシリーズもありました。かわいかった。ぽってりしてるのにちゃんとおすまししてる額縁、私がもっとお菓子作りをするタイプだったならなにも考えずお迎えしていたと思います。かわいかった。

美濃焼瑞々も、角皿が気になっていたけど木瓜もいいな~としみじみ眺めてしまったし、鹿児島睦さんの雑貨もあって、30分くらい滞在したような気がします。


f:id:machimmmm:20190324161439j:image

 

肝心のプレゼントは、王道・白山陶器をチョイスしました。かんな彫シリーズ。

家業のあるお家なので、同居もいずれはあるだろうし、買い足しの可能性があるなら、と思い……食器は窯というかメーカーというか、生産者を特定できるような痕跡がモノにないことがよくあるの、よく考えるとちょっと不思議です。

 

 

 

白山陶器ショールームもよく行くし、テーブルウェアフェスティバルもあったし、このお皿もたぶんどこかで見てるのではないかと思うのですがまったくノーマークでした。

スッとした青白、高めの高台が持ちやすく、でも少し特別感があって、ありそうでない器です。

お店の眼、とはこういうことなのだとしみじみしました。

 

そのあとは駅のまわりをはじめてひとりで心行くままに散歩しましたが、色々あっておもしろいですね。高島屋とライズでもうなんでもそろってしまうかんじでした。イッタラショップもダンスクもツウィリングヘンケルスもあったし。

 

作家さんの個展中でした。藍の筆書きがきれいで手に取りやすい器が並んでいました。大阪のお店も面白かったので、ふだんのお店でなくてちょっと残念。もう外観の雰囲気から「そういうとこだぞ」ってなるの、いいです。

 

高島屋のなかにあって、売り場がかなり大きかったです。作家さんのものは銀座のお店のほうがある印象、たまたまかな?

色ごとに棚がわかれていて、春めくカラーがすてきでした。

 

あとはリネン生地専門店や北欧パターンの布のお店屋さんもありました。

有名な蔦屋家電は本屋としては情報量がすごすぎて、ほかの予定といっしょに訪問するのは、私には無理でした!

平積みというか、表紙を見せる陳列が多くて、眼が泳ぐし、脳がいっぱいいっぱいになるかんじがします。

また散歩しにいくときの楽しみにとっておきます。

キッチンまわりことはじめ


実家にいたころから「いつか家を出たら使うものBOX」 というのがあって、もらいもの鍋や半端なキッチンツール、自分で手に入れたお皿や保存容器などをこつこつと貯めていました。
どうしてかお皿など最低2つ揃えてあって、使えなくはなかったのですが、ちゃんと相手と暮らし始めて、 不足を感じてから買うことを検討しないといけないというのは本当ですね。 予想と実際の使い方は違って、 勝手がよくないものが多かったのです。

 

あんまりなキャラクターものの食器は夫が使うには可愛すぎて面白くなってしまうので、短いひとり暮らし期間で堪能して、 徐々にさよならしました。
スタッキングしづらいおかず皿やサラダボウルも、 食器棚を圧迫するし、多めにつくりがちな私には大皿どん! と取り皿の組み合わせのほうが楽で方針転換。
数があったほうがよいととっておいていた保存容器も、 中身が見えないものは夫がわざわざ開けないので消費されず。 あまり小さいものは、私も忘れがちになってしまってだめでした。

夫は、あるがままにおおらかに、 あるものをそのまま、そして大事に使うタイプなので、様子をみつつ、私と彼と両方使いやすいように……と徐々に買い替え・買い足しをして2年、だいたい、揃った気がします。

 

絵がキャンバスや画材に左右されるように、料理もお皿やツールで変わる、というのをたいへんに実感しました。

きっとこの先、ライフスタイルが変わることがあったならまた変わるのでしょうし……

逆に、今を変えたいならモノから変えるというのも効果的なのだと気づきました。

物質はすごい。そこにあるだけで、所有しているだけで、何気なく生活に使うだけで、こんなにも私に影響してくる。

モノにとらわれすぎるのもよくないけど、無頓着はもったいない。そう思った暮らしはじめだったのでした。

f:id:machimmmm:20190610165146j:plain

 

テーマカラーって大事

賃貸の我が家ですが、テーマカラーを設定しています。

というか私が色調とか素材とかシリーズがばらばらだと、どうにも気になってしまうたちで、夫に混乱させられてしまう前に揃えることにしたのですが……

 

もともとのキッチン扉や浴室のアクセントカラーに合わせて、青と緑にしています。

私も夫もすきな色なので抵抗もなく、最近は服やかばんまで色が揃ってきているような気がします。 

生活用品をほぼゼロから揃えたので結構すっきり見えに効果がありました。タオル類や寝具など視界をしめる面積が大きいものは印象を左右しますね。

金属のものは銀色(ステンレス)、収納はなるべく白系。キッチンはほぼ白黒銀しばりにして、食器はその限りではないけど気がついたらやっぱり青が多いです。

テーマカラーはこれ!と決めておくだけでものを買うときに選択肢が絞られて楽だし、合わせに気を遣う局面が少なくなってストレス減、大正解でした。

 

問題は、なんらかの経緯で家に入ってきてしまったそれ以外の色のものが気になってしまうことがあること。

夫はものを捨てるという発想があまりない人なので、処分方法に困ります。頑張って整理整頓しよう。。。

 

f:id:machimmmm:20190302005918j:image